渋滞9割減!新東名開通で

こんにちは。
マンスリーレンタカー賃貸自動車 名古屋です。

今日、2月23日の中日新聞に、
昨年2月に新東名、豊田東JCT―浜松いなさJCTが延長開通したことで、東名高速同区間の渋滞が9割減少したとのニュースがありました。

開通前年比、渋滞回数が381回から26回に減ったそうです。

私も、豊田店、豊橋店などの仕事で、特に名古屋―蒲郡間は時間問わずヘビーに利用するのですが、これほど渋滞解消が実感できた道路の開通はなかったと思います。

夕方に名古屋方面に向かう岡崎IC近辺は、もうある程度覚悟して走っていたのですが、開通後、本当にきれいに渋滞はなくなりました。
トラックなど運搬業の生産性、疲労の軽減なども考えると、
「NEXCO中日本、でかした!」という気持ちでいっぱいです。

ただ、やはり突然の事故は渋滞してしまいます。
今日も東名ではありませんが、早朝に伊勢湾岸自動車道で大きな事故があり通行止となったため、朝のラッシュ時に周辺道路が大渋滞していたようでした。天気は雨でした。

道路が濡れている時は、いったんスリップすると修正が困難です。
特に、この時期スタッドレスタイヤをまだ履いている車も多いかと思いますが、雨の日のグリップは弱いです。

渋滞が解消されて、ついついスピードが出てしまいそうですが、タイヤと道路の接地面積はせいぜいハガキ4枚分ほどしかありません。強風や雨で簡単にコントロールを失う危険があります。

道路状況に注意して、今日も安全運転で行きましょう。