post

故障の原因になる やってはいけない車の操作

バックギア2004

こんにちは。
マンスリーレンタカー賃貸自動車 名古屋です。

現在の特に国産新車では、車1台1台の個体差は0ではありませんが、
それほど多くはないと言われています。

しかし、我々が主に扱っている中古車市場では、
まったく同じ型式、年式の車種でも、それまでの使用状況で
車の状態が全く違う場合も少なくありません。

同じ車でも、やはり定期的にしっかり点検されている車両は、良い状態が
長く続きます。

また、操作系も今の車はほぼ電子制御のATで、ひと昔前のようにクラッチを滑らせて
つなぐ・・・などの劣化につながるような操作の心配もほとんどありません。

しかしながら、これだけはやらないほうがいいという操作で、
「前進走行中にバックギアに入れる」があります。

主に駐車時など、まだ完全に止まっていない状態で、バックギアへのシフトチェンジ
(一般的なATレバーなら、微速でバックギアに入ってしまいます。)
を繰り返すと、車の寿命を大きく縮めてしまいます。

完全に車両が停止してから、バックに入れるようにしましょう。

今日も安全運転で行きましょう。