ワイパーゴムの交換時期について

こんにちは、賃貸自動車 大阪です。

普段あまり気にならないワイパーゴムの存在。。。

たまに降る雨の時に、水の切れ味が悪かったり、スムーズに動かなかったりして
残った水滴で前が見にくく感じて、ワイパーゴムが劣化していることに気づくというようなことがありませんか?

ワイパーは、夏の強い日差しや冬の寒い風にさらされ、
汚れたフロントガラスにこすりつけられて、
少しずつ劣化が進むため交換時期を見逃しやすい部品でもあります。

先に結論をいうと、ワイパーゴムは1年に1回の交換が目安です。
もちろん環境や部品自体の強度によりますがおおむね年一で良さそうです。

交換前の前兆としては、

拭き取りがガガガってなって詰まったようになり、線ができる。
拭き取りにムラができる。

このような症状が出始めたら、ワイパーゴムを目視して硬化していないか、
変形や亀裂・破損がないか見てみましょう。

また新しいワイパーゴムに交換してもフロントガラスに頑固な汚れがついていたら、ふき取り効果が落ちるので、ついでにフロントガラスもきれいにしましょう!

ワイパーゴムの交換は自分でも簡単に交換できるので、実際に金属の留め金から抜いて、お店に実際にもっていって同じものを探せばサイズ違いもなく、間違いありません。

自分で交換が面倒な方は、工賃込みで2,000円~からやってくれます。