post

雨じみから車を守る方法

こんにちは マンスリーレンタカー賃貸自動車 岡山店 です。

せっかく洗車をしたのにひと雨で車は汚れてしまいます。

梅雨入りまじかとなりましたので、雨対策をご紹介させていただきます。

雨が上がった後そのまま放置してしまうと洗車でもおちない雨じみなってしまい大切なお車の塗装やコーティングにダメージを与えてしまいます。

透明に見えている雨ですが、砂ぼこりやチリ、ミネラル分など色々な汚れが混じっています。

この汚れが車体に残ったまま乾燥し固着したのが雨じみです。

雨じみが強く車体に着いてしまうと通常の洗車やクリーナーでは取り除く事が難しく、塗装やコーティングごと削り取らなくてはならないケースもあるんです。

雨じみから大切なお車を守る方法をご紹介させていただきます。

①出来るだけ雨に濡らさない

原因が雨からの汚れですので、雨にあたる機会を減らすことは効果的です。

屋根付きの駐車場がオススメですが、環境は様々ですので雨予報の時はボディカバーをかけるのも一つの方法です。

②雨が止んだら出来るだけ早めに洗車をする

雨がやんでから時間が経つにつれ、汚れの乾燥や固着が進行してしまい雨じみ発生リスクが高まります。

洗車が難しい場合は吸水性の高いクロスで拭きあげるだけでも効果があります。

③水切れのいいコーティング剤の施工

走行中や駐車している際に雨が降っても流れ落ち、車体に雨じみの原因が残りにくくなり軽減できます。

雨の多い地方では3日に1回、少ない地方でも5日に1回には雨が降る日本で、その都度洗車をするのはなかなか大変です。

全部は実行できなくても、無理せずできる範囲で試して、梅雨シーズンをきれいなお車で乗り切りましょう。